アスレティックリハビリテーション

スポーツの怪我からの復帰

アスレティックリハビリテーションとは?

アスレティックリハビリテーション(アスリハ)とは、ケガをしてスポーツ復帰をするまでに必要とされているリハビリのことです。
 

アスリハの必要性

病院でおこなうリハビリテーションは、日常生活において必要とされている動作(歩く、小走り、しゃがむ、前かがみになるなど)までを出来ることがゴールとされています。このリハビリをメディカルリハビリテーションと言います。
怪我をしてしまうと一時的に日常生活でさえ困難なことが多くなってしまいますのでメディカルリハビリテーションはとても必要です。しかしスポーツ選手は、メディカルリハビリテーションだけでは足りません。
 
日常生活がおこなえる程度の身体の状態ではスポーツにおける動作には絶えられず、その後の再受傷や他の場所の怪我などにつながってしまいます。
 
そこで必要になるのがアスリハです。
 
アスリハは、メディカルリハビリの終わりごろから始まりスポーツに必要な基本動作(ダッシュ、ストップ、ジャンプ)やその競技に必要な能力を身に着けるリハビリです。
また、怪我をしていない場所が弱くならないようにしたり、怪我に悪影響を与えている動きの中の弱点を、運動の中で克服することもアスリハでは行っていきます。

アスリハの流れ

①柔軟性の獲得

②筋力の獲得

③固有受容器の能力獲得。(スムーズな動きづくり)

④全身運動の協調性の獲得・競技特有の動きの獲得

スポーツ復帰(練習に少しずつ参加していく)
 
以上のような流れに沿って行っていきます。経験豊富なプロのアスレティックトレーナーが指導してまいりますので、安心してアスリハをお受けください。
 
アスリハ担当:西廣 雄貴